製造正社員採用サイト

People

社員インタビュー

2018年入社

小川 可那子

自動車部品の検査業務

幼い頃から憧れていた、
ものづくり。
日研で、夢の実現に近づいた。

プロフィール

幼い頃から木が好きで、ホームセンターに行くとずっと木材を眺めているような子供だったとか。将来は木を扱う家具職人になりたいと思い、工業高校の建築科を卒業後、工務店で働く。しかし労働条件の問題などからほどなく退職。その後はパチンコ店での接客を経験するが、やはり接客業よりはものづくりの仕事がいいと思い、日研の門を叩く。プライベートでの趣味は釣り。先日もヒラメを釣ったそう。

発見!「仕事の魅力」
憧れていたものづくりの現場。のびのび取り組めています。

日研のことを知ったのは、求人誌で見かけた広告がきっかけでした。大きな広告を出していたので、大企業なのかな?とか勝手に思ったりして。Webも調べて、実際に働いている人たちの声などを見て、ここなら大丈夫かなと。もともと、ものづくりの仕事がしたいという気持ちがあり、学校で学んだり、実務の経験もあったので不安は無かったですね。今は自動車に使われる部品の外観検査をしています。顕微鏡を使い、傷などがないかチェックするんです。流れ作業で次々にこなしていくような工場の仕事ではないので、ある程度マイペースに取り組めるのがいいですね。

発見!「理想の職場」
女性が働きやすい。意外に思うかもしれませんが、事実なんです。

工場勤務だと意外に思われるかもしれないですが、女性の比率が高いんです。10代の女性もたくさんいて、先日も19歳の女性が山口県から赴任してきて。私より若いのに親元を離れて一人暮らしなんて、尊敬しちゃうなあ…なんて。私は、実家からマイカー通勤しています(笑)。そうそう、妊婦の方に合わせた作業着があったり、託児所がきちんと整備されていたり。なにか相談ごとがあったときのための、女性専用のホットラインがあったり。女性が働きやすい仕組みづくりに熱心な会社ですね。

発見!「うれしいお給料」
収入も、お休みもしっかり。趣味の旅行も、思いっきり楽しめてます。

思っていたより給与が良いのも、入社して嬉しかったことですね。若い人が多いけど、あまり不公平な感じはしません。正社員登用にも積極的ですし、社員になれば寮費が無料だったり、特典も色々あって。そうそう、お休みが多いのも特徴かもしれません。GWに夏季休暇、冬期休暇、だいたい10連休くらいの大型連休があります。旅行が趣味なので、私にはここも嬉しいポイントですね。遠くまで思い切って出かけられます。収入も安定していて、メリハリをつけて休める。理想的な毎日を過ごせています。