製造正社員採用サイト

People

社員インタビュー

2017年入社

日野 貴司

エンジン部品の供給業務

ムダな残業ばかりだった
前職と比べて
生活は全く変わりました。

プロフィール

埼玉県出身、33歳。靴の販売員から日研に転職する。エンジンを作る工場で部品の供給をする仕事を担当している。日研を選んだ決め手になったのは、寮完備で住む場所の心配をしなくてもいい点だそう。プライベートの過ごし方は実家に帰って、地元の子供にサッカーを教えたりすることが多い。

発見!「仕事の魅力」
自分の仕事の幅が広がっていく。
スキルアップの実感があります。

今はエンジンを作る工場で、部品の供給をする仕事を担当させてもらっています。部品をそれぞれの製造セクションに運んだりすることがメインなので、工場内をひたすら歩きますね。ときにはパレットに乗せて運ぶ機械を使ったりもします。結構身体を使う場面も多いので、仕事の翌日に筋肉痛になることもありますね。でも、仕事の新しい工程を覚えたりするのが楽しくて。自分の仕事の幅が広がったと思えるのはもちろん、色々な仕事を経験できるようになるので、仕事中の気分転換にもなります。

発見!「理想の職場」
サービス残業や無駄な残業から、
解放されました。

日研で仕事をスタートする前は、靴屋で販売員をしていました。しかし、お世辞にも働きやすい環境であるとはいえなかったですね。上司が帰るまで自分たちも帰れない。やることもあまりないのにダラダラ残って仕事をするような毎日で。日研に入社してからは、そういった部分は全く変わりましたね。残業はあるものの1日1時間とか1時間半くらい。「いつになったら終わるんだろう…」みたいな不安からは完全に解放されたと思ってます。もちろん残業代もちゃんと出るので、頑張り甲斐もありますね。